長男の七五三。子どもたちに貢献できる政治を

善光寺に向かう一休さんのような長男と次男、お母さん

善光寺に向かう一休さんのような長男と次男、お母さん

10月のことです。5歳の長男の七五三で、善光寺に行ってきました。その日は晴れて、七五三日和となりました。
朝、貸衣装屋さんに行って着物を着ます。この衣装選びも、数週間前に、私と長男で行ったんですが、うちの長男は即決!
「黒と青、どっちがいい?」「黒」
「兜と竜の絵、どっちがいい?」「兜」
どんどん絞り込んでいく長男。わずが5分で衣装選び終了となりました。お店の方が、「自分が気に入っているのが一番いいもんね。お父さん、一番リーズナブルなの選びましたよ(笑)」と話しておりました。

次は、写真屋さんで記念撮影。定番の千歳飴をもって写真、お母さんとの写真、私との写真、子ども三人での写真、外でベンチに座って写真…。次々と撮られる写真に長男はお疲れの様子。

そして、いよいよ善光寺。平日でしたが、意外と多くの方が七五三参りに来られておりました。お坊さんが出てきて、護摩業が始まります。次男は「怖い」といって隠れていましたが、(三男は歩き回る)、長男は、口を開けて見入っておりました。最後に、護摩業のあとの煙を身体にかけて元気に大きくなりますようにと祈願。次男と三男にも煙をたっぷりかけてきました。

大人の精進料理。まだそばなど運ばれてきます

大人の精進料理。まだそばなど運ばれてきます

子どもたちの精進料理

子どもたちの精進料理

最後はお昼ご飯です。お母さんが前日、「そうだ、宿坊で精進料理を食べよう」ということで予約をしてくれていたのです!
実は、精進料理をいただくのは私も妻も初めて!実はここが一番楽しみだったりするのですが、お料理はさすがです。当然、お肉はないのですが、大食いの子どもたちも満足しておりました。大豆を使った揚げ物など工夫もあり、湯葉やゴマ豆腐などのおいしい。

 帰る途中、善光寺を歩いていると、長男が成長した姿を見せました。お母さんがもっていた一眼レフカメラを見て「僕も撮りたい」といって撮影開始!重くてレンズが下に落ちてしまいますが、善光寺の本堂や灯籠、紅葉した木々、いっしょにいたばあば(私の母)を移す!なかなかいい写真もありました。天才かもしれないと、親は勝手に思っております。

 長々、日記のように書きました。子どもたちは日々大きくなり、自己主張もするようになりました。私がいない日もあるので、こういうときはいつもより甘えます。お母さんしかいないときは我慢しているようなので、できるだけ応えているつもりですが、どうしても起こってしまうこともあります。自分自身が子育てをしてみて、初めて親としての未熟さも知り、子どもたちに教えられ、ともに育っていくのだなと実感します。

 菅官房長官という人が、「若いお母さんは、たくさん子どもを産んで国家に貢献してほしい」といいました。お国のために、三人の子どもを生んだわけではありません。親は誰しも、わが子がどんな未来を夢見て、どんな力を発揮してくれるのか、楽しみにしていると思います。問題は、子どもたちが夢を描けるように、政治が役割を果たすことです。非正規雇用をなくし、高すぎる学費を下げ、奨学金制度を拡充し、何より戦争する国づくりを許さないことです。子どもたちのために、国が貢献する政治を作るためにがんばる決意です。

広告

新しい「たけだリーフ」ができました

たけだリーフ1,4面

たけだリーフ1,4面

 「たけだリーフ」ができました!何がいいかというと、写真がいい!このリーフに掲載されている写真は、まさに各地のみなさんに撮っていただいたものばかりです。

 一面の写真は、金沢市での街頭演説の際に、金沢の党の方にとっていただいた写真です。実は、背景の青空も、合成ではなく自然の空なのです!撮ってくださった方も「表情がよい」とお話いただいたということ。ありがとうございます。

 裏表紙「こんにちは!たけだ良介です」の写真は、赤旗信州秋まつりでの写真。東御市の窪田市議に撮っていただいた写真です。会場の入り口で、ご参加のみなさんにあいさつ中、視線を感じると思って振り返ると、窪田さんが写真を撮られていました。中央舞台のあいさつ前にも、舞台袖で写真を撮っていただきました。リーフには使われていませんが、そこにもいい写真がありました、ありがとうございました。

たけだリーフ2,3面

たけだリーフ2,3面

 中面の3人の子どもたちとの写真は、みなさんの印象に残っているでしょうか。この写真は、私の住んでいる長野市の地元の野々村市議さんが撮られたものです。実は、撮影秘話もあります。
 写真は、保育園に私が送っていくときのものですが、この日は「可燃ごみ」の日。ゴミを捨てるためにいつもと違う大通り沿いを歩いていました。次男(私の後ろに隠れている子)は、保育園に行きたくないと泣き出していて、「遅刻する!困ったなあ…」と思っていたところでした。
 すると、そのとき!見覚えのある赤い車が私の前にキュッと止まり、「後姿を見て、これは撮らなきゃと思って」と、野々村さんが登場し撮られたものです。フェイスブックにアップされると、一気に広がり、たくさんの「いいね!」をいただきました。
 「子育てしてるって感じがいいね」「抱っこひもっていうところがいい」「マルコメ三兄弟ですね」「子どもたち、お父さんにそっくり(笑)」など、たくさんの声をいただきます。
 
 しっかりと撮るポスター写真はもちろん必要ですが、ほんとに活動しながらの写真を皆さんに撮っていただきリーフになりました。写真に動きがあり、気持ちがあり、伝える力のある写真になっているのかなと思います。
 みなさん、ぜひたけだリーフをご覧ください。

民主主義ってなんだ!? これだ!

本 民主主義ってなんだ

「高橋源一郎×SEALDs 民主主義ってなんだ?」「SEALDs 民主主義ってこれだ」を読みました。

すごい!!! 感動の連続!!!

なぜ、こんなに彼らのスピーチに心を揺さぶられるのだろう!?
読み進めると、だんだん納得した。彼らは本気だった。
3.11東日本大震災と原発事故から、原発再稼働反対の運動。そして、秘密保護法阻止の運動、そして、戦争法案阻止の大運動。国会前の集会・デモのあと、学生たちが互いに語り合い、学習し、立ち上がっていく姿。そして、デモでははっきりとおかしいものはおかしいと訴え、学問的な知識とデザインにも優れた運動をし、自分と日本社会の10年、20年先を見据えた運動を目指して活動する姿勢に、彼らの運動が一過性ではなく、日本人の中におかしいことはおかしいと訴える文化を根付かせるものとなったのではないかと感じた。

「なんだ?」の方は、後半、民主主義について歴史的に、学問的に深められるものになっていて、単純にそれ自身として面白い。合わせて、この奥田くんという学生は、(集中して学んだ時期があるみたいだけど)本当によく学び、知っているなと感心する。

「これだ」の方は、メンバーのスピーチ一つ一つに感動してしまう。こちらでは、今後の活動の展望も、少し語られている。

SEALDsのメンバーは、「何度でも終わっていい。また始めるだけ」という表現を何度もしている。とにかく、続けるというのは「すり減っていく」といっていた。確かに、自分自身の民青の活動で、そういう感覚はあった。(民青とSEALDsでは、まったく成り立ちも組織の違うから、比べる意味はないんだけど)おかしいものには、おかしいと、何度でも声をあげていく日本にかわってきた、ということか。

ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

ふるさとをおもう

 私の活動地域は、北陸信越ブロック5県(長野、新潟、富山、石川、福井)と、東海ブロック4県(愛知、岐阜、三重、静岡)。各地であいさつをさせていただくと、「実は南信濃の出身なんです」「私は佐久市に兄弟がいます」「私は40年も前に四賀村から引っ越しました」「信州大学の理学部の卒業です」など、多くの方が自分と長野県のかかわりを話してくださいます。「長野県から、若い候補が出てくれたことがうれしい」と率直に言っていただく方もいらっしゃいます。
 岐阜県の可児市(かにし)に伺ったときも、うれしい出会いがありました。可児市に私がうかがったのは、国民連合政府の提案がなされ、つどいでその内容でともに語り合うためでした。安倍政権を倒して、戦争法廃止・民主主義と立憲主義を取り戻す国民連合政府をつくろうと話し合ったとき、70歳くらいの男性が「実は私は、たけださんと同じ中野市の出身だ」という方が発言されました。ここまでは時々あることでしたが、この方は、「たけださんを応援したくなった」といって、「中野小唄」を私の応援用に替え歌で歌ってくださいました。中野小唄とは、市立小学校の運動会などでは必ずみんなで歌い、踊る唄で、私も知っていました。ふるさとを離れて何十年経っても、ふるさとへの思いは多くのみなさんの胸の中になるのだ、と実感しました。
 愛知県碧南市に伺うと、下島良一市議にお会いしました。碧南には、冬ニンジンや玉ねぎなどの愛知県の農業視察を行いましたが、この下島さんは、長谷村の出身だ、とのことでした。長谷村の美和ダム建設にともなって長谷村を出て、碧南の地に開拓農民として移り住んだそうです。「だから、もう生まれた家はダムに沈んじゃってないんだけど、父親がこの地で養豚をはじめ、母が肉の加工業を始め、この土地に住み着いた」とのことでした。しかし、移り住んですぐ、伊勢湾台風(1959年)で堤防が決壊するなど大きな被害にあったそうです。「実は、開拓地の選択肢はもう一つあって、そっちに行った長谷村出身の家族は亡くなった人もいた」といいます。高校生のときだったそうです。
 下島さんに「長谷村出身の毛利栄子県会議員もがんばっていますよ」とお話をしたら、「長谷村ですか!みなさんがんばっていてくれてうれしいですね」と笑顔で喜んでくださいました。
 故郷、信州・長野を思う人がたくさんいる。同じ思いの方がいる。たいへんうれしくなる瞬間です。

Stop it Abe !!

栄で日本共産党の街頭演説

栄で日本共産党の街頭演説


10月10日、名古屋で若者の呼びかけた「Stop it Abe 集会&デモ」に参加してきました。
法案阻止を目指して、SEALD’sだけではなく、行動を起こしていたStop it Abe. 今回、2回目の参加です。

すごく楽しいデモでした!!コール、ドラム、レスポンス、最高です!!
私も「安倍はやめろ!」「民主主義って何だ!? これだ!」のコールしたかったんですが、心配されてもいけないので自粛。しかし、約1時間のコールで、若干のどがかれてしまいました。やらなくてよかったか…(-_-;)

この国の民主主義と国民運動は、完全に新しいステージに入っています。今回の集会とデモは、若いみなさんの呼びかけですが、いまの運動は全世代的です。主催者の方も、「以前は若い人の集会だから、年よりは遠慮しますって人が多かったけど、そんなことなくなった。全世代で訴えている」と話していました。

「民主主義って何だ?これだ!」というコール、この国の主権者たる国民として、不断の努力によって、憲法を守ろうとしている日本のデモは、数年前まで民青同盟でデモをしてきた私には想像もつかない劇的発展です。それを全世代がやる。沿道から、若い人はもちろん、年配の方もいっしょにコールしてくれた。明らかに、原発の運動、秘密保護法の運動からはじまり、完全に新しいステージに立った感があります。もう止められないでしょう。

デモの後の集会では、民主党の山尾しおり衆議院議員、日本共産党の島津幸広衆議院議員、そして私三人で、「野党はがんばれ」「野党は共闘」のコールのもと、手をつないでアピールできました。

民主党・山尾衆院議員、日本共産党・島津幸広衆議院議員、私でアピール!

民主党・山尾衆院議員、日本共産党・島津幸広衆議院議員、私でアピール!

最後に日本共産党としての街頭宣伝で「国民のたたかいのなかから生まれた『国民連合政府の樹立』という方針を実現するために、日本共産党を伸ばしてください」と訴えました。野党共闘を最初によびかけた党として、実現のためにがんばります。

乗り物酔いについて

私は、参議院比例代表の予定候補としての活動を始めてから、移動がたいへん長くなりました。
「9県もあるんだよね、広くて大変だね!」とよく言われます。
正確には、乗り物酔いが大変なんです。

私の最大の敵は、「特急しなの」です。
私の住む長野と、私の活動地域でもっとも人口の多い名古屋を片道約3時間結ぶ特急電車です。
みなさん、振り子電車をご存知でしょうか?
カーブの多い路線で、曲がるときに車体を斜めにする電車らしくて、その構造上か、常にふらふらと揺れているような感じのする電車なのです。
おそらく、乗り物酔い界では有名な電車ではないか。

一日のうちで、この「しなの」で往復する日は最悪です。
合計6時間、ふられ続ける…。
子どものころから乗り物酔いをしやすいほうで、遠足のバスなど最悪でした。
酔い止め薬を飲んで、寝てしまうのですが…。

ちなみに、車も酔います。
ブレーキや運転が荒いとかいう要因もありますが、においで酔うこと、ないですか?
私の車酔い三大におい
①新車のにおい
②芳香剤
③「特急しなの」にあるような排ガス的なにおい

そう!また「特急しなの」なのです!

JRは、リニア新幹線つくるより、先に特急しなのの車両を何とかしてください…。■

北陸信越から、戦争法案は廃案、暴走政治ストップのうねり!

福井市での街頭演説

福井市での街頭演説

 お盆を前後して、北陸3県や新潟県、長野県での行動は、印象深いものがありました。
 福井県では、街頭演説の好反応に加え、嶺南地区事務所の開設祝賀会で、原発をはじめとした住民のみなさんの要求実現、政治変革の立場でたたかってきた党の息吹を感じました。

金沢で9月12日に行われるサウンドデモのチラシ

金沢で9月12日に行われるサウンドデモのチラシ

 石川県では、参院選のスタートキャラバン、金沢はもちろん、能登から小松市など全域を走りました。駆け足ですべての自治体を回るのはこれからですが、9月には青年がサウンドデモを計画するなど、国民運動のうねりを実感しました。

富山県の新婦人が作成したフェルト生地を使ったのぼり(!?)

富山県の新婦人が作成したフェルト生地を使ったのぼり(!?)

 富山県では、街頭演説はもちろん、JA富山県中央会の穴田甚朗会長や、高教組で懇談(後述)。
 新潟県では、上越市で戦争法案反対の運動の先頭に立たれている弁護士さんや、民主商工会のみなさんと懇談させていただき「アベノミクスの恩恵は、届かないどころか、仕事を奪われている」という生々しい実態もお聞きしました。

石川県野々市市で岩見博市議と訴え

石川県野々市市で岩見博市議と訴え


 
 「資本主義の社会では、ルールが必要。協同組合こそ、今後必要となる」―TPPや農協解体に対して、JA富山県中央会会長の穴田さんがお話していました。
 穴田さんは、富山県で開催されたTPPの地方公聴会にも出席されました。食料自給率をあげること、コメの価格を保障すること、家族農業を守ること。訴えの中身は、米どころ富山からの、現場の事態を毎日みている生の声であると感じましたし、学ばされるものでした。
 TPPの背景は、アメリカからの要求があり、規制改革会議がそれを推進しているという、根本的な指摘もあり、いよいよ日本の政治は、その歪みの大本にあるアメリカいいなりの姿勢に立ち入らなければならないし、国民運動がそこに切り込む歴史的情勢を迎えていることを感じました。

 上越民商では、「日本共産党が、反対だけの政党と言われてくやしい。政権をとったらこうして見せる、というものを押し出してはどうか」との意見もいただきました。本当にその通り、「アメリカにちゃんとモノをいい、国民の命くらしをまもるために、労働法制の改悪や、年金、医療、介護はじめ社会保障制度などなど、ルールを作っていくことをお話しましたが、いよいよ、「日本共産党が政権に」という思いが広がっていることを感じました。
 この方は、「戦争法案反対の国民的運動が広がっているいまが、政治を変えていくチャンス」ともお話されました。まさに、いまががんばり時。決意新たにがんばります。

20150724三重青年デモ

20150724三重青年デモ

 戦争法案の審議が参議院でスタート。市田忠義副委員長の本会議での質問は、10分間のなかにいくつもの鋭い指摘、戦争法案の問題点を明らかにする内容が含まれており、学ばされた。どうやって準備しているのだろう…。今後の宣伝に生かさないといけない。
 国民運動で感じるのは、運動の全世代的ひろがりです。SEALD`sはじめ青年・学生や女性のレッドアクション、これまでデモなどされなかった地方の町でも100人、200人くらいのデモが起こっている。
 また、それが時間的にもつながっていると感じた。三重の若者の集会デモでは、学生がスピーチした。「安倍政権はどう見てもおかしいでしょ!憲法違反だ」と怒りの訴え。そのあと、60代くらいの男性がスピーチ、「いま話したのは私の教え子です」というのでビックリ。おそらく先生は、平和教育に力を入れて来られたのだろう。戦後70年の歩みが、いまの戦争法案反対の運動に結実していると思った。

20150716衆院本会議強行採決抗議!@佐久

20150716衆院本会議強行採決抗議!@佐久

 強行採決された直後には、藤野保史衆議院議員が長野県の佐久市、長野市に駆け付けてくださり、いっしょに街頭から抗議の宣伝を行いました。
 藤野さんは戦争法案の違憲性や安倍政権の論理はすでに破たんしていることとともに、廃案への展望として、「この夏、沖縄では、仲井真前知事の辺野古埋め立て承認には問題があると指摘され、8月にも承認取り消しとなること。TPPは最終合意といわれ、農協はじめ多くの方の反対の声が上がること。川内原発再稼働が狙われているが、鹿児島はじめ各地で反対の声が上がっていること。これらの運動がすべて合流して安倍政権を追い詰めていく」ことを話されました。
 なるほど、この夏はたたかいがいのある国民運動がすべて合流し、日本の政治を大きく変える転換点となることは間違いないと確信しました。
 松本市での演説では、戦争法案への怒りは顕著でした。1カ所目で「安倍さん、戦争するっていうじゃない!」と声をかけられ、次は「私は千葉の9条の会で活動しています」と声をかけられ、その次は「私は無言館で『安倍政治を許さない』を掲げます」、「共産党がしっかりしないと!」などと言われました。戦争法案反対、安倍政権のやり方はおかしいという思いと、日本共産党への期待、信頼が広がっていることを感じました。
 大局的情勢に確信を持ち、戦争法案阻止、安倍暴走政治の転換へ、引き続きがんばる決意です。

【愛知】すやま初美さんとともに参院選へ!

名古屋市北区で「躍進のつどい」!平和レンジャーと!

名古屋市北区で「躍進のつどい」!平和レンジャーと!

 すやま初美参院愛知選挙区候補とともに初共演! 7月11日名古屋市北区の「躍進のつどい」で、平和レンジャーといっしょにアピール、アピール!!
 すやま初美さんは、36歳。自らのむちゃくちゃな労働を体験しながら、宮城県で3.11復興支援へ。名古屋では「子育てゆんたく」や無料熟の活動を支えてこられた方です。私も始めてお会いしましたが、一言でいうなら「まっすぐ」な方でした。ゆんたくの活動をいっしょにされてきた方や、民青の活動でお世話になったという青年などなど、翌日の愛知県党会議にも若干参加させていただきましたが、「すやまさんを何として国会に送り出したい」という声が多くて、ご本人も感激されていましたが、私も感動しました。すやまさん、ともにがんばりましょう!!

名古屋デモ!Stop it Abe 300人の若者と、吠えたーー!!

150711愛知若者デモStop it Abe

150711愛知若者デモStop it Abe

7月11日(土)、愛知の青年による「Stop it Abe」名古屋デモ!
 急に熱くなって、実はちょっとへばりました…(`ヘ´・;)ゞ

 たくさんの出会いがありました。
 若者デモには、いっしょに民青の活動をしてきた仲間、私が民青長野県委員長をしていたときに、長野県でともに活動していた当時学生、そして、本村伸子衆議院議員!すやま初美愛知参院選挙区予定候補!西山あさみ名古屋市議!写真には写っていませんが、青木ともこ、柴田民雄名古屋市議らもごいっしょしました。
 デモは、ドラムはもちろん、打楽器系がいろいろあって、大変元気!こちらもテンション上げて「安倍はやめろ!」「戦争反対!」「憲法守れ!」コールできました。沿道では、スマホで写真をバンバン取られたり、ビルの上から窓開けて見てくれたり。集会より、デモが膨らんで300人!「ほとんどネットでしか呼びかけてないけど、過去最高に集まった」とのことで、情勢を実感。さらに、若者の行動を広げていきたいと思います!