26日(金)中野市、栄村 27日(土)小布施町、野沢温泉村へ

画像

 26日は中野市、栄村へ。青木市議、山本村議、広瀬元村議にお世話になりました。

 中野市では社会福祉協議会で介護保険の問題点、豪雪地帯ではサービス時間45分では、ヘルパーが車をとめるため、玄関のまわりの雪をかくためだけの時間で終わっちゃうなどの問題点も指摘されました。たいへん、現場の声として学びました。その後、藤野やすふみ比例予定候補も懇談された、古代色茜染め・墨彩画家の田中ゆきひとさん、シンガーソングライターの野田純子さんと懇談をさせていただきました。田中さんが描かれたという地獄絵は印象的でした。典型的な地獄絵ではなく、現代の地獄を描いたとのこと。絵もご覧いただけますので、ぜひお立ち寄りください。

 栄村では、街頭宣伝と森林組合と懇談も。森林組合は、どこの事務所でも「木材の値段がつかなくて困っている」との声です。ペレットだけでなく、薪で暖をとり、屋根雪の融雪にもなるようなことは考えられないか、いっしょに知恵を出し合う懇談となりました。

 本日27日は小布施町へ。街頭宣伝【写真】、対話させていただきました。小林正子町会議員にお世話になりました。「民主党と自民党の、政局ばかりのやりとりに嫌気がさす。テレビ消しちゃう」という声は多くなっています。対話の中で、赤旗読者が2人増えました!

 午後は野沢温泉へ。党支部の会議に参加させていただき、領土問題、年金問題、青年雇用、過疎問題など、多岐にわたり討論しました。国政・村政まじえて話し合い、若者向けの住宅支援の要望も明らかになりました。街頭から訴えると、観光客の方も含め、手を振って応援していただける方もたくさん!元気をいただきました。支部のみなさんと力を合わせて、来るべき総選挙での得票目標をやりきりたいと思います!

 

広告

長野中央病院まつりに行きました! 午後は若槻へ!

画像

長野中央病院まつりは大勢の方で賑わっていました!中野さなえさんとあいさつもさせていただきました。時間がなく豚汁や焼きそばなど、食べられなかったのが残念です…。産科コーナーでは、中野さんが「写真撮らせてください」とお願いすると「じゃあ、この子を」と赤ちゃん(人形)を抱っこしてパチリ。和やかな一枚になりました。参加のみなさん、準備・運営されたみなさん、お疲れさまでした。

午後は若槻で街頭演説、対話です。支部のみなさん、後援会のみなさん、ありがとうございました。あるお宅では「仕事の関係もあって別の人に決まっているからダメだ」と話されていましたが、「仕事は後継ぎもいないし閉める」など、お話していくなかで「しかし、民主も自民もダメだね」「共産党はいいこと言っているよ」「たけださんも、よさそうな青年だね」といっていただけました。

今回の衆議院選挙が、日本の政治をかえる正念場の選挙になると実感しました。日本共産党の議席倍増!日本の政治もいよいよ変わるとき!という衝撃を残せる衆議院選挙にするため、頑張ります!

自民党長野1区予定候補者が決まったとのニュース

 10月20日、自民党の長野1区予定候補者が決まったというニュースがありました。しかし、今回の衆議院選挙が、民主・自民・公明の3党合意に象徴される悪政推進勢力と、国民と草の根で力をあわせて政治をかえる日本共産党とのたたかいであることにかわりはありません。国民の声を届け、国民の立場で政治をかえる日本共産党の議席倍増を勝ち取る構えです!

 先日、長野市松代で音を出しながら、対話で歩かせてもらった時、「民主党に期待したけどダメじゃないか」「消費税増税されたら、農機具だって変えないし農業で生活できなくなる」「領土問題だって『問題ない』なんていっているから解決しない。ちゃんと『日本の領土です』って主張してよ」など、多くの声を聞かせていただきました。

 みなさんの政治への意見や要望も、ぜひお寄せください!

第5回中央委員会総会が開かれて

昨日の志位和夫委員長の報告を聞いて、私が印象に残ったのは、来るべき総選挙で「日本に衝撃をあたえる躍進を勝ち取ろう」というフレーズです。議席倍増を実現して、「今度の選挙で共産党はでかくなったじゃないか」といわれる状況になれば、日本共産党の発言力も、注目度もあがります。そうなってこそ、政治を変えられる!

北陸信越ブロックの藤野さんといっしょに国会へ!がんばります。

今日は、長野市で元気に音を出しながら、対話を重視してまわりました。松代、篠ノ井、犀南のみなさん、お世話になりました。約100人の方と対話できました。「民主党には裏切られた」「これからの日本を真剣に考えてほしい」との声を聞きました。日本共産党の改革の展望を紹介し、「みなさんと力をあわせてがんばります」と話すと、領土問題や消費税、TPPでも、苦しい実感から、共感が広がる対話が特徴的でした。明日は山ノ内町、がんばります!

1週間、バタバタと過ぎてしまいました…

3連休明けの1週間、私は休日を1日とりながらも、結婚式にお呼ばれしたり、日本共産党の会議に出席したり、民青同盟の活動をしたり。

12日は、長野市内の福祉施設や地域であいさつまわり。原田のぶゆき市会議員や地域の方にお世話になりました。夜は、原発抗議行動に参加。今回は、これまで行ってきた集会は許可できないということで、駅前でのスピーチとなりました。

なかなか街行く人々の反応がわからないな、ということで、民青同盟で培った「シール投票」を実施!私は27人に話をきけました。「原発は危ない」と20人弱の人が原発なくそうと話す一方、多くの人は「原発にかわるエネルギーは大丈夫なの?」との疑問がたくさんありました。

「この夏も、関西でも電力は足りたんです」「自然エネルギーの潜在的力は、原発の40倍もあるんです」と話すと、「そう言われると、できるんですかね」と話してくれる方も。多くの方が「ないほうがいい」と思っているわけですから、どうやってなくすのかの展望が大切だと実感しました。

今日は、高山村、須坂市で街頭宣伝や「つどい」でお話をききました。高山村では山崎、畔上両議員、須坂市では土谷フミエ市議はじめ支部のみなさんにお世話になりました。

「原発やめてもらいたい」「農業やるものがいなくて畑が荒れている」「復興予算で関係ないところに使うなんて馬鹿にしている」-たくさんの願いと怒りでいっぱいでした。

「共産党はなんでも反対している、と話す年配の方がいる」「党名変えたら?」「いいことに使うんだから政党助成金もらえば」というお話も。現実政治を動かす提案をどんどんしていること、憲法違反のお金はもらえないことなどをお話しながら、「日本共産党の躍進が、政治を変える力」と、訴えました。

10月5日 木島平村、飯山市へ

木島平村ではJA東部支所長の高橋さんや芳川村長にお会いしました。TPPや消費税増税では、農村はやっていけないなどの話題で、意見を交わすことができました。領土問題でも、話し合いによる外交で解決をのぞむことは、どこでも共通した意見となっています。

午後は飯山市へ。街頭演説6回を行いました。わざわざ出ていただいた方も多数あり、柿までいただきました。「若いんですね」「がんばってね」と声をかけてもらうことが私の力です。最後の演説場所では、保育園の帰りのみなさんに会いました。「放射能の影響も心配ですね」と話すと「子どもたちは特に影響もありますから」とお話いただきました。

みなさんの願いを国会に届けるためにがんばります!

9月30日 藤野やすふみ比例代表予定候補と訴えました

9月30日、藤野やすふみさんと長野市内で訴えました!写真は下。

この日は、しんぶん赤旗の囲碁将棋北信地区大会もありましたし、原発なくそうプロジェクトのみなさんの集会でもあいさつを依頼され、大忙しの一日でした。

●藤野さんは、領土問題からオスプレイ、内政でも消費税にかわる財源を紹介!藤野さんのホームページでは、さらに詳しく、原発から再生可能エネルギーに変えることで、地域経済も元気になるなど、希望のもてる学習連載もあります!オススメです

●原発集会では、福島県南相馬市から避難されている方、浪江町から避難されている方が訴え。「長野のみなさんは地元が好きだという思いが伝わってくる。それだけに、福島の人はかわいそうという気持ちより、長野を守ろうという思いをもってほしい」と話されたのは印象的でした。

●囲碁将棋大会、120人の参加で成功しました!腕に覚えのある方も、小学生も参加するなど、幅広いみなさんが参加され、大変うれしい思いです!