日本共産党の若者雇用対策室、安定した雇用に全力!

20130215_2県若者雇用対策室が懇談1

昨年の総選挙後、「若者雇用対策室」の事務局長として活動することになりました。

いま「若者おしごとアンケート」を集めて、青年の労働実態を調査しています。写真は、長野県当局に対策強化を求め、懇談した際の様子です。

「13年非正規雇用。すぐに働かないといけないから、非正規雇用になりました。現在は正規雇用になれたけど、月収14万円、ボーナスなし、残業代未払い、休みがあるようでない」(38歳女性、茅野市)

「正規雇用ですが、1日11時間30分の拘束時間で、職人的な職場だから『残業』という概念がなくて、月給は12万5千円。ボーナスは6万円、3万円だったことも。未来に希望が持てません」(25歳男性、長野市)

青年の実態から政治を始めることが大切です。

しかも、青年が安心して働ける社会をつくることは、頼もしい社会の担い手が増えることですし、ちゃんと賃金が得られれば社会保障の支え手にもなれる。そういう社会を作りたいと思います。

3月22日には記者会見を開いて、アンケート結果の中間まとめ発表を行います。結果にも注目してください。

広告

日本共産党の若者雇用対策室、安定した雇用に全力!」への1件のフィードバック

  1.  党学校お疲れ様でした。

     私同様、更新に波があるようですね(笑)。武田さんの場合はSNSの方で、日々情報発信されているのでしょうか?私も早く習得し、参戦しますので、そのときはかまってください(笑)。

     こちらでも、5人絶対当選のために全力でがんばっていく決意です。武田さん自身は息の長いたたかいになりますが、体調に気をつけ、学んだことを生かして大いに奮闘してください。また、ちょこちょこ訪問させてもらいます。

     德島・谷内

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中