懇談を通じて… 自共対決の本番スタートの決意

総選挙後、選挙戦でご支持、ご支援いただいたみなさんにごあいさつをしてきました。

栄村では、副村長さんにお会いできました。栄村は前日に、雪下ろし作業に関わって死亡者が出てしまったので、そのお見舞いの場ともなりました。IMG_2480

副村長さんとの出会いは初めてではありません。3.12栄村地震がおこった際、私は民青同盟の全県の仲間が集めた募金をもって村役場を訪ね募金をお渡ししたり、また長野市のある集会の場に副村長さんが来られ、日本共産党が募金やボランティア活動を行ったことに感謝の意を伝えていただいた際にもお話しし、副村長さんも覚えてくださっていました。懇談は、その話から始まり、たいへん和やかに始まりました。

「今回は伸びましたね」との言葉から始まり、豪雪地帯としての国や県の援助の充実の声をうかがってきました。栄村は、独自に雪害対策救助員制度を持っていますが、安心して栄村に暮らし続けられる制度として、さらに発展が求められることを実感しました。

IMG_2488

飯山市では、足立市長にお会いできました。足立市長は、平和教育に力を入れられており、安倍政権の集団的自衛権への危機感から話がスタート。「どこか海外でアメリカが武力行使するようなことになった場合、本当に行使する気でしょうか(考えられない)」、「私は両親から戦争体験を聞いてきた。しかし、これからの若い世代は直接戦争体験を聞けない。それだけに平和教育が大事」と話されていました。私は、若い世代中心に、戦争する国にはさせないとの声と運動が広がっていること、安倍政権と国民の思いの矛盾は広がることなどをお話ししました。同席していただいた小林市議は、「共産党は30代、40代の若い国会議員もたくさん誕生させた。平和への願いも引き継ごう」とお話ししてくださいました。

地域を歩いても、「私も投票したのよ!やっと報われた感じ!」「今回はすごいじゃなーい!がんばってもらわないと困るのよ!」などの声が次々と寄せていただきます。私には「若いから次もがんばってね」と激励もいただきます。

これから、国会内外の運動で、どんな政治の変化をつくれるか。ここからが自共対決の本番スタートです。毎週金曜日の原発行動、若者を使い捨てにするブラック企業の規制、集団的自衛権の行使容認閣議決定の撤回と秘密保護法の廃止、子ども医療費の窓口無料化など、運動は多彩に、日常的に! がんばります。

広告

2014年 総選挙を終えて…

総選挙でご支持、ご支援いただいたみなさん。本当にありがとうございました。
私は長野1区では議席に及びませんでした。ご支持、ご支援いただいたみなさんのご期待にこたえることができず、たいへん申し訳ない思いです。安倍政権の暴走や、他党の状況を見ても「私が国会に行かなかったら、どうやってみなさんの命、くらしを守るのか」との思いがあっただけに悔しい思いもあります。
しかし、日本共産党は、比例代表選挙で606万票を獲得、北陸信越ブロックでも11年ぶりの議席を獲得し、全国的にも20議席を得ました。小選挙区でも、辺野古の新基地建設は許さない「オール沖縄」の共同のなかで、赤嶺政賢さんが当選、18年ぶりの小選挙区での勝利を勝ち取り、合計21議席、改選前の8議席を大きく上回る躍進を果たしました。日本共産党は、党として単独で議案提案権を獲得し、安倍政権を追い詰める政策提案をどんどんできることとなりました。参議院選挙での躍進もあり、衆参あわせて32人の国会議員団に成長。私の分も国会のなかでがんばってほしい。また、私は国会の外でも、国民のみなさんといっしょに、原発、秘密保護法、若者の雇用問題など、運動をどんどんひろげて、「安倍政権はおかしい」「変えなきゃいけない」という世論をひろげて、政権をおいつめていきたいと思います。

さて、総選挙が終わってこの5日間。ざっと振り返ると…
投票日は、21時30分くらいでしたか、記者会見で議席に届かなった思いをお話しし、そして、22時30分過ぎ、ともに選挙をたたかった藤野やすふみさんの当選会見にいっしょに出させてもらいました。その後、家に直行!妻とお疲れ様会&比例議席獲得、どうも躍進の選挙になるぞということでお祝いしました。
翌日、7時30分に県庁前にいって比例勝利報告&私もあいさつの宣伝、昼は、報告集会に出席。
火曜日も、長野駅前で、私もあいさつ、県議選でのさらなる躍進の決意を訴え。
水曜日にはお休みして、木曜日は長野県党の会議、本日は、本来の職場である長野県委員会での仕事を行いました。

何より、選挙中は子どもたちに我慢をさせ、妻に子どもたちのことをすべて任せて選挙だけしてきましたので、その分のねぎらい、子どもとの時間をとってきました。月曜日や火曜日は「今日はとっちゃ帰ってくるの~? やった!やったーー!!」と言われて、我慢していたんだなと実感。
子どもとお風呂に入ると「ねぇ、とっちゃ~。ゆうくんねぇ、とっちゃの『みなさん、こんにちは』見たんだよ」と話してくれました。お風呂に浮かべて遊ぶ船(=宣伝カー)に、カエル(=とっちゃ)のおもちゃを乗せて、「みなさん、こんにちは!たけだりょうすけです!」と、ごっこ遊びをしています。親の影響ってすごい!!
妻とは、子どもを寝かしつけた後の時間を過ごしております。わずかな時間で、寝てしまうこともあるけど。引っ越したばかりだから、新しい家であれが足りない、これが足りないということもあり、3人の子どもがもうすぐ全員保育園! お母さんも仕事復帰! など、あわただしい中です。

引き続き、子どもたちの未来のためにも頑張りながら、子どもとの時間、家族との時間も大事にしながら頑張ろうと思います。明日から、選挙でお世話になった方にあいさつ回り。また、迫る中間選挙、いっせい地方選挙へ、日本共産党への引き続くご支持、ご支援を訴えて、まいります。みなさんの大きなご支援をよろしくお願いします。

宣伝戦は終了。小選挙区はたけだ良介、比例代表は日本共産党の投票日へ

本日、宣伝戦は最終日を迎えました。今日は長野市篠ノ井からスタート。朝8時前から朝立ちをしていると、中学の時の同級生が声をかけてくれました!偶然、仕事の現場にいこうとしたら見つけたからと、車を止めてきてくれたのでした。聞くと、結婚して、生後2か月の子どももいるのだとか。もう何年も前に同窓会をやったときに一度あったのが最後だったので、久しぶりの再会でしたが、幸せそうで何より。元気に最終日のスタートを切れました。
今日もどこにいっても多くのみなさんに激励いただきました。共和での宣伝でも、車からの「ブンブン手振り」をたくさんいただき、演説をしていたご近所の方が、雪のなかわざわざ聞きに出てくださったので最後にごあいさつにうかがうと、「俺はこの名前(党名)にアレルギーがあるんだけど、でもあなたの言っていることは好きだから」とご支持を約束していただきました。それだけ、安倍政権の政治が国民との矛盾を深め、何とか政治を変えたい、暴走を止めたいと思ったときに、日本共産党があり、アレルギーはあるけど、「言っていることは好きだから」ご支持いただけたのかなと、受け止めています。

比例代表の候補者、藤野さんとも最後の訴え。

たけだ良介 12.13① IMG_9769

藤野さんとは、2年前の総選挙もともにたたかい、今回も何度もいっしょに訴えましたが、今日は一番力強い訴えだったと感じました。声をからしながらも、中身のある訴えで決意を感じる演説でした。何としても、藤野さんを国会へ!

権堂アーケードにもお邪魔しましたが、どこも「消費税(増税)は無理だね」「消費税を下げてください」という声ばかり。たしかに、昼まではあったけど、それにしても権堂は人通りが少なく、思いは切実でした。日本共産党は、安倍政権の1年半先のばしたら、くらしがどうなっても、経済がどうなっても10%への増税はするという「消費税増税宣言」がされたもとで、きっぱり中止を訴える唯一の政党です。企業団体献金も政党助成金も受けとらない日本共産党だからこそですが、みなさんと力を合わせて、国会のなかでも、外でも、みなさんと力を合わせて消費税増税中止をもとめてがんばる決意です。
最後は長野駅前。

たけだ良介 12.13③ IMG_5944

さすがに、各党の宣伝カーがどんどん来てうるさいくらいでした。私の応援に何人もかけつけていただきました。何度も宣伝カーにいっしょにのってくださったIさんや、かつて青年運動をともにした方、そしてかえるねっと=日本共産党青年後援会のみなさんの強力な応援をうけての最後の宣伝。最後の演説は、夜8時を気にしながらやりますが、思ったより時間あったので、青年の雇用問題も加えてお話ししました。その部分になるとやっぱりふりかえってくれる男性も。「みんなのために、がんばるねー!!」という思いです。

さて、この選挙戦を振り返ると、多くのみなさんに支えていただき、激励をいただきました。小・中・高の同級生から、ネットを通じて「頑張れよ」の激励、宣伝中に「○○(同級生)の母です」ということも3人ほど。一日も休まず運転手を務めていただいたOさん、毎日のようにのっていただいたアナウンサーのみなさん、選対のみなさん、お世話になりました。ありがとうございました。
明日は投票日。私は、最後まで「うちの子も、一人の青年も戦場に送らない」という決意を訴えました。どれだけのみなさんに私の訴えが届いたか、まだまだ未熟な私ですが、いま発揮できる力はすべて発揮したつもりです。当選できればもちろんですが、できなかったとしても、引き続き、学び、運動し、力をつけていきたいと思います。ご支持、ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
比例代表は、議席を争うところまで押し上げてきました。まだあと一歩。最後までご支援をひろげて押し上げてください。ブレずにがんばる日本共産党が伸びてこそ、政治は変わります。みなさんのご支援を最後までよろしくお願いします。

明日は、
1回目の投票(小選挙区)は「たけだ良介」
2回目の投票(比例代表)は「日本共産党」とお書きください。
ありがとうございました。

井上さとし参議院議員の応援を受けて必勝へ!いよいよ明日、宣伝戦最終日へ

今日は、長野市檀田からスタート!次々と手振りもあり、今日も好調です。
午後2時30分、井上さとし参議院議員の応援を受けて、長野市権堂で街頭演説。

IMG_5898

井上さんは、政党助成金の廃止を訴えで「年末の大掃除を予定されているでしょう。その前に、政治の大掃除を。よく落ちる洗剤は日本共産党、しかも環境にやさしい日本共産党を伸ばしてください」と訴え。座布団一枚!
夕方からは、須坂市。

IMG_1717

この総選挙で、最後の須坂ラウンドとなりました。4カ所で訴え、チラチラと小雪が舞い始めるなかでの演説、空気は冷たく気持ちも引き締まる環境で気持ちよく演説。車から流しながらも訴えましたが、たくさんのご支援をいただきました。ありがとうございました。

いよいよ、宣伝戦は明日が最終日。

今度こそ、日本共産党の11年ぶりの議席を獲得できるかどうか、非常に緊張感がある。胸が高鳴る。鼓動が早くなる。どうしても勝つためには、やるべきことをやりきること。小選挙区候補者として、日本共産党の躍進を勝ち取るために、比例も、小選挙区もどちらも必ず勝利するために、「一歩も引かない」姿勢を貫いていきたい。

仮に、安倍政権が多数を握ったとして、新しい国会で安倍政権が一番嫌がる国会議員は日本共産党でしょう。他党は、いつまであるわからない党、日本共産党は侵略戦争の美化は許さない、憲法は明文でも解釈でも変えさせない、消費税はきっぱり中止、原発即時ゼロ、沖縄の基地はアメリカにもって帰ってもらうなどあらゆる問題で、自民党政治の根本的な転換を訴えているわけだから。この党が、議席を増やし、国会で存在感を増すことは、他の野党の姿勢を変えることになる。野党も変われば、政治を変える条件がさらに広がる。その変化を、他でもない、今回の総選挙で作り出す。だって、これ以上、安倍政権を続けさせては日本が沈没する。

最終日、全力で私の決意を訴え、一人でも多くの有権者の方の心を動かせるように、一生懸命がんばります。

「3人の子どもがいらっしゃるんですよね」とお父さんお母さんや、保育園のみなさんにもお世話になりました

今日は、つい先月まで住んでいた長野市安茂里からスタート。いつも、国道沿いで朝立ちをします【写真】が、今日も車からの激励が多く、よい一日の出だし!

IMG_1697

安茂里では、「私も3人の子どもを育てているんです、同じ境遇です」と、演説の真っ最中に握手を求められ、がっちり握手!!そして、子どもの通う保育園の前の道も宣伝カーで走りました。夜に家に帰ると、長男が「とっちゃ~、今日『みなさん、こんにちは』のとっちゃの車がちゃ~、声が聞こえたからちゃ~、○○先生にだっこしてもらって見たら見えた」と話してくれました。そのとき、私は事務室から手を振ってくれた先生型に目が行っていたので、子どもには気付かなかったのですが、うれしい一幕でありました。(※とっちゃ=父ちゃん。我が家ではそう呼ばれています)

終盤は、テレビや新聞の取材もあるもので、今日もある新聞社から「最終盤、何を一番訴えたいですか?」と聞かれたので、「集団的自衛権、戦争する国づくりは許さないと訴えたい。『うちの子も、一人の青年も戦場に送らない』という決意を貫く」旨を話しておきました。
今日の最終演説は篠ノ井駅前。演説を最初から最後まで足をとめて聞いてくださった方、タクシードライバーの方に声をかけると「消費税が8%になってからお客さんが減った」「私らサービス業はみんないっしょだから、居酒屋さんも減っているね」「お客がいないと完全歩合だから、収入にならない」と話しておられました。景気回復を期待するとのお話。演説を聞いていただいたので日本共産党の別の道は大づかみに知っていただいていると思います。「隣の選挙区だけど共産党にする」「夫婦で入れる」など支持を約束してくださいました。
いよいよ明日は金曜日、最後の平日行動。日本全国どこでも比例代表は日本共産党。全国の同志とともに、必ず勝利を勝ち取る。第三の躍進を勝ち取る歴史的総選挙にするんだと、1回1回の演説、アナウンスの一言にも魂を込めて訴えます。

3市1町駆け巡り、たくさんの元気をいただきました。

今日は、須坂市、小布施町、中野市、飯山市で活動です。

「ダメよダメダメ」横断幕@須坂

今日は須坂市からスタート。須坂市では「ダメよ~、ダメダメ!消費税10% 戦争への道」の横断幕も登場!「昨日、長野駅前に志位さんきましたよね、行きました」という有権者もいて、反応が返ってきました。
小布施町では、私が宣伝カーの助手席でアナウンスしていると、手振りが相次ぎ、「ありがとうございます!」「全力で頑張り…、ご支援ありがとうございます!!、日本共…、ありがとうございます!!!」みたいな何言ってんだかわからない状況になるくらい、ご支援いただきました。
中野市では、いつもお世話になっていた隣町の80代の党員のご夫婦が街頭演説に来ていただきました。秋頃でしたか、けがをされてからご無沙汰していましたが、大きな激励をいただき元気をいただきました。
飯山市では、個人演説会が開催され、比例代表選挙、長野1区の必勝の決意を発言!
最後に再び中野市に戻り、決起集会にも参加。移動中に、沖縄1区の赤嶺さんのFBを見ると、「選挙中の沖縄にオスプレイが飛んでいる」状況に驚いたと話し、この選挙に絶対に勝たなくてはならない。毎日毎日、緊張感をもって、1回の演説で5票、10票、20票と獲得する決意で訴える」と決意表明してきました。

家に帰ると、マイ・ファミリーがお出迎え。長男は、さらに絵を描きまくっており、作品「5人家族」を完成させていました。

「5人家族」結太郎作

次男は、「肩車ちて~」といいながら、基本的には私にピッタリ、あーかわいい。三男は寝てました。自分が、がんばる意味、うちの子を戦場に送らない、子どもたちの未来をまもる決意を新たにしました。

明日は、ついこの間まで住んでいた長野市安茂里からスタート。音による宣伝はあと3日!最後までがんばります!

志位委員長を迎えて街頭演説!!1000人!!

141209志位演説@長野駅前

今日は、18時から志位委員長を迎えての街頭演説会@長野駅前。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。選挙戦もいよいよ終盤、最後まで力の限りがんばります。
今日は、この演説会に私のピークを持っていきたい! 演説も、聞いてくださるみなさんの心に残り、元気が出るものにしたい! と、昨夜、演説原稿を考えたんですが、うーん…。今日は、選挙戦の終盤向けの「新作演説」に苦しむ日でありました。

朝は火曜日定例の長野駅での朝宣伝から。通勤、通学の方が人並みになって流れていますから、長々とした演説ではなく、できるだけスポット的に政策と党名が入るように気をつけ演説。いっしょに演説してくださった野々村長野市議の「麻生さんが『経営者の能力がない』との発言に自民党の本質があるのではないでしょうか」という訴えに、その通り!と思い、次の場所からマネて演説を開始。

しかし、どうも気持ちが入らない。結局午前中の7回の演説を、いろいろ考えながら、自分の訴えたい言葉を探し、演説を重ねました。午後は車をおろしてもらい、演説準備に集中。何とか整え、本番に。

演説の自己採点は、80点でしょうか。ちょっと高い気もするけど、1日何度も考え直しながら、苦しみながら行った演説としては、高得点かなと。聞いていただいたみなさん、いかがだったでしょうか?

志位さんのツイッターを見たら、「長野市で訴え。しんしんと冷え込むなか、熱気あふれる演説会になりました。聴衆が膨らみ、1000人に。比例の藤野さんは44歳。小選挙区のたけださんは35歳。若々しく堂々たる訴えです。長野のみなさん、どうか2人をそろって国会に押し上げてください!」と書かれていました!はじめて、志位さんのツイッターに登場!よろこんで「全力で戦い抜きます」と返信してしまいました。

明日は、須坂市~小布施~中野市から飯山市まで行きます!新作演説、まだまだ発展途上中!しかし、選挙勝利のために、有権者の心をとらえ、党と後援会のみなさんに力を与える演説をめざしてがんばりますよ~!

明日は志位委員長@長野駅前18時~!!

今朝は長野市-4.4℃ 車が凍ってドアが開かない…。ヤバい!集合時間に遅れる!!現地では支部のみなさんが、朝立ちをしているというのに!! 何とかトランク?ハッチバック?が開き、運転席にのりこみ、車を走らせ5分遅れ…。 今後、対策をとらないといけない。

さて、今日は長野市篠ノ井から七瀬、南俣、若里、栗田などを回りました。テレビの取材が今日も入り、映像とともにコメント取りも。「手応えは?」と聞かれたので「あります。頑張って!期待しています!という声をたくさんかけていただいています」と自信満々のコメントをしておきました。

家に帰ると「とっちゃ~!」と次男。「抱っこちて~♡」
すぐにしちゃう!!
長男は、絵がうますぎてびっくり。おもちゃのショベルカーをよく見て、書いていました。
どのご家庭でもそうだと思いますが、「うちの子一番!」の気分に浸りました。
DSC_0229

いよいよ明日は、18時から長野駅前での志位委員長、藤野やすふみ比例候補の街頭演説。私も5分だけお話します。2年前の総選挙でもやりましたが、確かあのときは2分だったように思うが、何を話そう、5分って結構話せるんだけど、政策的なことを展開するには少し短くて、うーん…。これから考えます!!!!

「自民党の時代は終わった!これからキミの時代だ!!」

IMG_5863

今日は雪の高山村・山田温泉からスタート。昨日は、温泉につかり、疲れを癒しました♪
今日は地元紙・信毎が密着取材。一日の様子を明日の新聞に掲載するそうです。どんな記事になっているか、ご覧下さい。

さて、今日は高山村、須坂市、長野市の各所で訴えましたが、とにかくご支援の声が多い!【写真は、長野市もんぜんプラザ前】特徴的に思うことは、手を振ってくださる方が、ガッツポーズで「頑張れ!」ってやってくれたり、私を見つけて熱狂的に手を振ってくれたり、クラクション鳴らしてくれたり、どこでも強い反応があること。安倍政権の暴走のなか、とにかく暴走ストップのために、「今度は日本共産党しかない!」という思いを感じます。
今度こそ、北陸信越ブロックで日本共産党の議席を獲る!私も、自民・公明・民主の「密室」三党合意の増税勢力や、集団的自衛権の行使を認める人たちに、絶対に負けるわけにはいかない!あと1週間、たたかい抜いて勝利をつかむぞ!

今日、最後の演説は、長野駅東口。演説を始めたら一人の男性が近づいてきて、握手をしてくださいました。そして、サングラスを外して、「自民党の時代は終わった。これからは、キミの時代だ!!」ビッシ―――!っとキメて下さいました!!ありがとうございました!!お名前うかがわなかったですが、ありがとうございました!!

秘密保護法の強行採決から一年。やだネット集会参加、90歳のおばあちゃんとの出会いの一日。

今日は、秘密保護法が強行採決されてからちょうど1年。IMG_1636

長野市では、やだネットの集会があり、参加してきました。主催者あいさつで守谷商会会長の山根敏郎さん、「命がけでたたかう」との決意表明に、私も立候補しているからには、まさに命がけでたたかわないとならないと、一人で決意。続いて映画「望郷の鐘」の山田火砂子監督は、私は「神国日本、神風が吹く」と言われ、騙されたと話され、「騙されないように見極めるのは面倒くさいことだけど、私たちは、よく見極めないといけない」と話されていました。面倒くさい、という表現が、しっくりきました。確かに、国民的に大雑把な理解として「安倍政権はよくない」という思いはあっても、政治は自分と関係ないもの、遠いもの、触らない方がよいもの、という気分があるのでは、と思っていただけに、面倒だけれども、過去の戦争に学び、私たち主権者・国民は、いま何をすべきなのか考えないといけないと思いました。

さて、その実践である選挙戦。
はっきりいって、手応えを感じます!!今朝の日刊スポーツは、「志位には風が吹いているC」と大々的に紙面を使って報道しているようですが、風が吹いているかどうかは別にして、確かに「頑張って!」「期待しています!」など声をかけていただき、手ごたえは、私がやってきた選挙のなかで一番あります。

ある方に「もう投票所までいくのも大変だから、今回はいかないようにしようと思っていたけど、たけださんの演説聞いて、いくことにした、という方がいたよ」と話を聞かせていただき、本当に演説してきてよかったなと実感できました。

またある方に、おそらく演説をきいてくださったんだと思いますが、「戦争はダメ。いまは、本当に開戦前の日本みたいなの。私は90のおばあちゃんだけど、小さい子どもたちが育てない社会は絶対にダメ。自民党じゃ、(両手で×を作りながら)こうなっちゃう。もう共産党さん、どうにかがんばって」と、話される方がいました。「小さい子どもたちが育てない社会」という言葉に、私の3人の子どもたちも重ねて、ちょっと泣きました。私の「うちの子も、一人の政権も戦場に送らない」という訴えは、未経験のものですが、このおばあちゃんの経験が重なり、私の決意も本物になる思いです。

日本共産党の「平和外交への転換」=北東アジア平和協力構想について。理想論で現実的でない、という受け止めがあるようですが、日本共産党は野党外交を通じて、東南アジア諸国連合(ASEAN)の友好協力条約(TAC)のような、年間1000回にもなる国際的対話を通じて、戦争を行させない外交がすでに始まっており、それを北東アジアにも広げるという現実的な提案をしています。●韓国の朴大統領は2013年5月に、アメリカ議会での演説で、「北東アジアでの平和協力構想」を提起していますし、
●2013年6月には中国と韓国の首脳会談でかわされた「共同声明」に、「中国は、朴大統領が提起した北東アジア平和協力構想を称賛し、原則的に支持する」としています。
●さらに、10月のASEANプラス3首脳会談でも、北東アジア平和協力構想」について歓迎され、
●12月には、インドネシアのユドヨノ大統領が東京での講演で、武力行使の放棄と紛争の平和解決などを原則とする「インド・太平洋友好協力条約」の締結を呼びかけています。
安倍政権のように、軍事対応を考えていると、アジアの変化が見えないし、日本が憲法9条をもつ国でありながら、ますます孤立していくのではないでしょうか。いまこそ、アジアの流れ、平和外交への転換を。